1. ホーム
  2. プロフィール
プロフィール

ホセ・アルマチャ ・マルケスはトメリョソ(シウダード・レアル)に生まれる。幼少期から地元でフラメンコギターのレッスンを受ける。

2009年、コルドバ州のラファエル・オロスコ音楽院でフラメンコギターを学び卒業した ギターリストであり、パコ・セラーノ、マノロ・フランコ、ニーニョ・デ・プラなどから指 導を受ける。

受賞歴及び制作活動。

2004: 年: 第22回ヘレス国際コンクール・セミファイナリスト。

2006: 年:バジリオ・ビジャルタによるCD「エル・キホーテ・ヘチョ・フラメンコ」をレコーディング。

2007: 年:第47回ラ・ウニオン国際鉱山歌謡祭(ムルシア)セミファイナリスト。

2007: 年:ムルシアで開催された第二回国際フラメンコギターコンクール 「ニーニョ・リカルド」にて優勝。

2010: 年:Lフェスティバル国際カンテ・デ・ラス・ミナス・デ・ラ・ウニオン(ムルシア)セミファイナリスト。

2010: 年: フラン・ヴィルチェスのフラメンコカンパニー「テンプル・フラメンコ」の音楽を作曲・演出し、マドリッドのアルレキン劇場で初演され、高評を得る。その後、アルゼンチンとウルグアイにてツアーを行う。

2010: 年:ホルヘ・パルド、カルロス・ベナベント、サンドラ・カラスコ、フアン・ディエゴなどのアーティストとの共演により、エンリキートのCD 「メ・キト・エル・ソンブレロ」をレコーディング。

2012: 年:ラファエル・アマルゴの「オペラ・フラメンカ」に参加し、上海、北京、観月、天津などの主要な劇場やオペラを巡り、中国にてツアーを行う。

2015: 年:アントニオ・カナレス、フアン・デベル、サンドラ・カラスコ、オスカー・エレロなどのアーティストと共演し初のソロ作品「Vejezate」を発表する。多大な批評を得て組合から受け入れられる。

2015: 年:サラ・カレロの公演「コスモゴニア」の音楽をゲマ・カバレロと共に演出・作曲。

2015: 年:ホセ・ポーセル・カンパニーによる公演「モーメントス」の為アメリカにてツアーを行う。

2016: 年:ヘレス・フェスティバル内のビジャマルタ劇場にて、偉大なダンサーであり振付家でもあるマルコ・フローレスの新公演での全音楽を作曲・演出する。

2017: 年:サラ・カレロのショー「ペティサロサ」の音楽をゲマ・カバレロ、ザ・ラボと共に作曲・演出。

2017: 年:今年からシャトールー(フランス)の「ステージフェスティバル・ダルク」の教授スタッフに加わり、カルメン・イグレシアスと共にフラメンコダンス分野で活躍する。

2017: 年:マルコ・フローレス・カンパニーのショー「ファセ・アルテルマ」の音楽を作曲・演出。

2017: 年:フラメンコダンサーFrancisco Hidalgoのショー「Ver, oír y bailar」の音楽を作曲・演出。

2017年、2018年 :ホセ・ポルセルとアントニオ・カナレスによる¨Encuentro¨の公演でツアーを行う。

2018: 年:バイラオールのホセ・マルドナードとルシア・デ・ミゲルによる舞台「Concordia」の音楽を作曲・演出。

2018: 年:バイラオールのイエズス・フェルナンデスのショー「プエントス・インアカバドス」の音楽を作曲・演出。

2018: 年:サラ・カレロ、ゲマ・カバレロと共にストリートショー「ファンダンゴストリート」を開催。

2018: 年:バイラオールのフリオ・ルイズのショー「1993」の音楽を作曲・演出。

2018: 年:バイラオールのホセ・ジュラードとイザベル・ロドリゲスの演「テルミノ・メディオ」の音楽を作曲・演出。

2019: 年:フラメンコカンパニーのホセ・マヌエル・アルヴァレスの公演「バイレス・コァテラレス」の音楽を作曲・演出。

2019: 年:ホセ・ポルセル・フラメンコカンパニーのショー「インパルソス」の音楽を作曲・演出。

2019: 年:サラ・カレロ、ゲマ・カバレロとの舞台「フラメンコアベニュー」をプレゼント。

2019: 年:ダンサーのマリーナ・ペレアとルシア・ルイバルによる公演「マラメンテ」の音楽を作曲・演出。

2019: 年:華麗なるヴァイオリニスト、ヴィクトル・グアディアナの「ワディ」と言うアルバムで共演。

2019: 年:「花になりたいと思っていた棘、踊り子になりたいと夢見ていた棘」でオルガ・ペリセのカンパニーに参加。

2020: 年: バイラオーラのエイドリアナ・ビルバオによる公演「エクラット:爆発から切り離された破片」の音楽をビクトル・グァディアナと共に作曲・指揮。

アメリカ、カナダ、ロシア、シチリア島、スイス、ラトビア、フランス、ドイツ、中国、日本、台湾、インド、パキスタン、カザフスタン、アルゼンチン、ウルグアイ、モロッコ、エジプト、アラブ首長国連邦、アルジェリア、チュニジア、イスラエル、タンザニア、フィンランド、スウェーデン、イギリス、イタリア、メキシコなどで歌と踊りの伴奏を任せてもらう複数の会社伴に仕事をしてきた。「カサ・パタス」、「コラル・デ・ラ・モレリア」、「カフェ・デ・チニタス」、「ラス・タブラス」などのマドリードのタブラオや、東京の伝説的な「エル・フラメンコ」のようなタブラオでも海外公演に参加している。

現在はダンスと歌、演奏の両方のプロジェクトに没頭しており、その中でも2作目のソロ作品「アレハンドラ」は際立っている。

© 2020 ホセ・アルマチャ

聞いて

ホセ・アルマチャ
フラメンコギターリスト
トメリョソ,シウダード・レアル
スペイン

ホセ・アルマチャ
フラメンコギターリスト
トメリョソ,シウダード・レアル
スペイン

© 2020 ホセ・アルマチャ

聞いて

メニュー